【映像コント】テロ組織の現役広報が教える『彼女をテロリストにさせる方法5選』


世界一鮮やかなテロ組織「ブルーラビット団」より団員拡大に向けた動画が公表されました。

広報によると世界征服を達成できるように1人でも多くの仲間を増やしていきたいとのこと。

そこで団員たちにぴったりな仲間を勧誘の仕方『彼女をテロリストにさせる方法5選』を広報自らがレクチャーします。

クライシス

ブルーラビット団の広報。鮮やかなものを何よりも愛する“鮮やか原理主義者”である。幼い頃は蛾の収集に没頭し、大学では油絵を学び、社会人となって複合機メーカーに勤務していた。しかしリストラされ、露頭に迷っていたときに、道端を飛び跳ねていたブルーラビットの鮮やかさに魅了され、ブルーラビット団への入団を決意。

彼氏

ブルーラビット団の団員。普段はテロ活動とはまったく関係ない仕事をしている。ブルーラビット団のテロリスト募集要項である「週末のみOK!」というフレックス制度を利用してスポーツジム感覚でテロ活動している。

彼女

ブルーラビット団の団員。スノボーをしていたときにリフトの上で彼氏に勧誘されてブルーラビット団へ入団した。

①リビングで映画を観ているときに彼女をテロリストにさせよう!

大好きなアクション映画のシーズン2が終わってしまって退屈そうにしている彼女。そんなときには彼氏として「シーズン3はオンラインじゃなくてオフラインでやるんだよ!」とライフル銃を差し出して教えてあげましょう。彼女はリアルな“シーズン3”を体感するためにブルーラビット団へ入団することでしょう。

②キッチンで料理をしているときに彼女をテロリストにさせよう!

大好きな彼女を自宅に初招待したときにはポトフなどの手料理を作ってあげましょう。しかし愛情のあまり本格的なポトフを作るためのローリエは大抵の家にありません。そんなときには彼女にスーパーまでローリエを買って来てもらいましょう。スーパーまでの道順の中に「ブルーラビット団へ入団」「無差別テロ」を挟んでおけばOKです。彼女は道順に沿ってスキップで任務を遂行することでしょう。

③ハッピーバースデーを祝っているときに彼女をテロリストにさせよう!

彼女の誕生日にはホールケーキを用意して盛大に祝ってあげましょう。ハッピーバースデーを歌って、彼女がケーキの火を消そう息を吹き始めたら、彼女からケーキを遠ざけて火を消させないようにしましょう。こうすることで彼女は「決して消えることはない憎しみの炎」を思い出すはずです。あとはブルーラビット団に入って一緒に「あいつらを制圧するぞ!」と呼びかければ勧誘成功でしょう。

④浮気がバレて一悶着しているときに彼女をテロリストにさせよう!

二人に倦怠期が訪れたら迷わずに彼女の親友と浮気をしましょう。堂々と浮気をすることで彼女に浮気がバレて修羅場となります。彼氏と親友を同時に失ってしまった彼女は「私の人生はもう終わり」と自暴自棄になるはずです。彼氏としての最後の優しさとして、一緒に自爆テロをすることを勧めて寄り添ってあげましょう。

⑤セックスを終えてぐっすりと眠りにつくときに彼女をテロリストにさせよう!

セックスを終えて興奮気味の彼女には羊を数えてあげましょう。「羊が1匹、羊が2匹、羊が3匹、羊が4匹、羊が5匹、羊が6匹、人質が7匹、人質が8匹、人質が9匹…人質が100匹」と。飛行機内で羊のように怯える100匹の人質の情景を彼女に浮かばせてあげるのです。オーガズム寸前の彼女は眠りにつきたいだなんて言うはずがありません。この人質どもを爆破するまでは。

Recent Posts