【映像コント】鳴かず飛ばずのゴーストライターと、実は天才だったアーティスト本人が修羅場に


ゴーストライターとしてアーティスト本人に楽曲を提供しているベテラン作曲家。

しかしいくら気持ちを込め、こだわりを詰め込んでも、その結果は泣かず飛ばず。

そんな中でアーティスト本人が気まぐれで作曲したらなんと大ヒットに。

複雑な関係となった彼らが修羅場の末に辿り着いた解決策とは。

★Recommended News★

佐村河内事件で考えるコンテンツとコンテキストの悩ましい関係(前編)/佐々木俊尚の未来地図レポート

藤子不二雄/Wikipedia

Recent Posts