【映像コント】いつの間にかボクの部屋にいる「尾崎」


ビジネスパーソンの「ボク」が仕事から帰宅すると、いつの間にか「尾崎」が部屋にいる。

ボクは「尾崎」という名前以外にその男のことを知らない。

他人以上で知人未満の男である尾崎さんがボクのプライベートの境界線を失くしていく。

ここは都内の住宅街。

オートロック付きのマンションにビジネスパーソンの「ボク」が帰宅する時間だ。

弁当を持ったボクが帰途につく。

ボクは部屋に入って弁当を食べながらテレビを見始めた。

ボクがテレビに夢中になっていると左斜め後ろに気を感じた。

クチャ、クチャ、というような音とともに、その気はだんだん大きくなった。

この気は人間のものだ!

と、そこにいたのは「尾崎」だった。尾崎さんはただただチョコを食べている。

しばらくしてボクは尾崎さんに挨拶をした。他人以上で知人未満の男である尾崎さんに。

もちろん尾崎さんは同居人でもない。だけどいつの間にか、ただそこにいることがある。

弁当を食べ終えたボクは風呂に入ることにした。

風呂から出て一息つこうとすると尾崎さんはまだいた。

尾崎さんはボクの冷蔵庫を覗いている。

というより、ボクが帰りに買ったビールとおつまみを食べているじゃないか…

唖然としたボクは「ビール飲んだんすか…?」と発することしかできない。

憎たらしい笑顔を浮かべた尾崎さんに、ボクは怒りの熱がふつふつと湧いてきた。

気が付くとボクは「尾崎!!」と胸ぐらを掴んでいた。

が、次の瞬間にはやられてしまった…

ボクは無念さに泣くしかなかった。

「尾崎」という目の前の無念さに。

「尾崎」の自由奔放は一晩中続いた。

テレビを見ようとすれば「尾崎」がいる。

歯を磨こうとすれば「尾崎」がいる。

眠りにつこうとすれば急に灯りが点いて、

そこに「尾崎」がいる。

それでもボクは必死に眠りにつこうともがく。

このまま朝が来たらボクのプライベートの全てが「尾崎」に奪われるような気がして。

しかし「尾崎!」と叫んで抗えば抗うほどにその境界線は朝が来るよりも早いスピードで失われる。

次の日。ボクは河川敷にいた。

夕日の中で尾崎さんを担いで。そして走って。

思えばいつだったか尾崎さんが部屋にいたときも、次の日は河川敷でこうしてたような気もする。

その頃より尾崎さんは太った気もする。

気がつけばそこにいる「尾崎」は、これからもボクにとっての友達でも知人でもない。

だけど決して他人ではない。

★Recommended News★

【名字】尾崎/名前由来net

Recent Posts

Copyright © Carrot Inc. All rights reserved.