【映像コント】ケプラテプラ語の最後の話者「おばあちゃん」がいじわる過ぎる


リビングのソファで「ケプラテプラ語」の最後の話者であるおばあちゃんが寝ている。

おばあ­ちゃんは危篤状態であり、ソファの横で医者が病状を見守っている。

おばあちゃんが亡くなる前にケプラテプラ語の数字の「1〜10」の言葉を知るために言語学者達がやってくる。

しかし、おばあちゃんのいじわるが始まる。

4人のスーツを着た研究者とお医者さんが居ます。

どうやら「ケプラテプラ語」という言語を研究しているようです。白髪まじりの男性は研究主任です。

毛布のなかからおばあちゃんが、このおばあちゃんがケプラテプラ語の最後の話者のようです。

早速、おばあちゃんにまだ解明されていないケプラテプラ語の6〜10の発音を聞く研究者達。

おばあちゃんは毛布に引きこもってしまいました。6〜10の発音を知るのは一筋縄ではいかないです。

6の発音を聞いていると、おばあちゃんが毛布から出てきました。「たばこ」と言っていますね。

タバコをくれたら教えるということでしょうか?早速、タバコを吸わせてあげようとします。

だけどタバコを吐き捨ててしまうおばあちゃん。何が気に入らないのでしょうか?

6はあきらめて7の発音を聞いていると、またおばあちゃんが何か言っています...「なべ?」

7の発音を教えてもらうために研究者達は、すぐに鍋を用意します。

そして鍋を親切にも食べさせてあげます。でもおばあちゃん嫌がってませんか?

やっぱり引きこもってしまうおばあちゃん。何がいけなかったのでしょう?

次に8の発音を聞いていると...おばあちゃんがまた何か喋ってくれました。「なべにてをいれろ」!?

どんなことでも実行に移す研究者達。それほどケプラテプラ語の解明は重要なことなんです。

しかし、また引きこもってしまいます。どうしたものか、悩む研究者達。

そうか!おばあちゃんの手を鍋に入れろということだったんですね。

おやおや?逆に鍋に顔を入れられる男性。おばあちゃんすごい力です。

しかたなく8はあきらめて9の発音を聞く研究者達。こんどは「てーぶるくろす」と言ってます...

どうやら研究者達はテーブルクロス引きに挑戦するようです。何か違うような...?

テーブルクロス引きに成功しました!...が、おばあちゃん見てませんね。

おや!?おばあちゃんの容態が悪化してきました!

危篤状態の中、おばあちゃんが何か喋ってくれました!

「ころしあい」...?いやいや、そんなことできませんよね?

と、思っていたら1人の研究者がナイフを!研究を独り占めするつもりのようです。

次々と他の研究者達を刺していきます!

そして最後に主任を、しかし主任は反撃します!

生き残った主任は、おばあちゃんに改めてケプラテプラ語の6〜10の発音を聞きます。

しかしついにこの世を去ってしまうおばあちゃん。研究はこれで終わってしまうのでしょうか?

おや?ノートが落ちてます。表紙には「KEPRA TEPRA」の文字が。

中には今まで分からなかった数字の発音が...

★Recommended News★

今世紀末までに半分以上の言語が消滅/X51.ORG

「絶滅危惧言語」3,000種、グーグルが支援/WIRED

国連による「世界で1人しか話せない言語」、台湾にも存在―台湾メディア/exiteニュース

Recent Posts

Copyright © Carrot Inc. All rights reserved.